FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

加齢臭アロマ

加齢臭というと[おやじ]というイメージがあります。主人もなんか臭いです。主人の場合はヘビースモーカーですので、煙草の灰臭さ。
灰かぶり王子といったところでしょうか。


実は、この加齢臭は男性や高齢者特有のものではなく、男女共通の問題なのだそうです。むしろ、女性ホルモンが急激に減る閉経期以降は女性の方が多いとも言われるそうです。でも、私の母は臭くないなあ。。


誰でも年をとります。なので加齢臭は自然な現象ですが、急に匂いが強くなったという場合は、生活習慣病のリスクが高くなったという危険信号と考えてよいとのことです。

私がナースセラピストとして勤務している病院の副院長先生とアロマテラピーのお話をしているとき、先生が
「いい香りだからと言って、やたらと良い香りばかりさせるのも良くない場合がありますよね。尿や体臭が患者さんの状態を表すということもありますからね。」
と教えてくださいました。私も納得。

偉いものですね、匂いが健康のバロメーターになるということです。


加齢臭=メタボ臭


脂肪分の多い食生活を長年続けていると、皮脂腺に脂肪酸が増えて、加齢臭の原因となるノネナールという匂い成分が増えます。

また、ストレスや煙草などの影響で体内の活性酸素が増えると、生活習慣病に悪影響が。

活性酸素の増加で脂肪酸が酸化されやすくなって、ノネナールが増加すると考えられています。


ノネナールの産生を抑えて加齢臭を防ぐには


食生活の改善

*脂肪酸をとりすぎない

*ビタミンC、E、ポリフェノールなどの抗酸化成分を含む食品をとる→活性酸素の発生を抑える


ストレスをためない

活性酸素を抑えるにはストレスをためないことも大切

こまめに洗濯

ノネナールが染み込んだ衣類を、皮脂汚れに強い洗剤で洗濯します



この加齢臭の記事を書かれている五味クリニックの院長先生は、
ご自身の経験から重曹を使って皮脂の酸化臭を抑えるスプレーについても書かれていました。

ノネナールの匂いは菌の繁殖による匂いとは異なるので、

加齢臭に対して抗菌汗拭きシートでは抑えられないそうです。


アロマテラピーに重曹スプレーはよく使えますので、今日のレシピには重曹スプレーを書いてみたいです。


加齢臭アロマスプレー


【準備するもの】

*重曹水
(水20mlに重曹10g)

*スプレー容器
(遮光ブルーガラス瓶)

…透明のプラスチック容器でもいけなくはありませんが、直射日光により精油が酸化しますので遮光瓶が望ましいです。


★好きな香りの精油8滴
精油を選ぶとき、女性ホルモン様作用のある精油や鎮静作用のある精油などを選ぶと、より女性の心と体ためのスプレーになるかもしれませんね。



今日の私なら…

★クラリーセージ 2滴
★イランイラン 1滴
★ゼラニウム・エジプト 3滴
★マジョラム 1滴
★スターアニス 1滴

です。

エストロゲン様作用のある精油と鎮静作用で落ち込んだ気持ちをアップしてくれる精油をチョイス。

これをバッグに携帯して、気づいたときに首の後ろや背中などの皮脂の分泌が多い部分にスプレー




主人、いま隣室で
「すぅ~~~~」って
煙草の灰撒き散らして気持ち良さそうに煙草吸っています

ライターの使い方が複雑になったように、
煙草を吸えば電気が走る…みたいになりませんかね…


スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
時計
line
プロフィール

Andante

Author:Andante
ナースのアロマ・セラピストです。

NARD JAPAN認定校を自宅サロンにてのんびり開いています。

また、大学院看護学研究科にて、看護におけるアロマセラピーの研究に取り組んでいます。

line
カテゴリ
line
最新記事
line
FC2カウンター
line
リンク
line
caritas
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。